LCCを利用するにあたって

近年、LCCを利用して国内・外問わず旅行をする人が増えています。
今までは旅行といえばツアーを利用するのが一般的でしたが、インターネットでの格安航空券販売などが一般的になり旅行の概念は変化しつつあります。
人々の憧れであったレガシーキャリアも安さ・手軽さで優るLCCに圧され売上アップに奮闘しています。
2012年に日本国内に就航してからすさまじい勢いでシェアを広めるLCCですが、まだまだ就航していない土地もあるため下調べの上利用するべきであるといえるでしょう。
また、価格競争の上サービスやルールなどにも会社ごとのカラーがあります。
以前他社のローコストキャリアを利用したからといって同じ条件が他でも通用するとは限りません。
個々の特性を理解しつつ、うまく利用することが必要になるといえるでしょう。


費用対効果

格安航空券を利用する人が求めるものの大部分は費用対効果にあるといえます。
その中でも一番人気を誇るのがエアアジアであり、羽田発で仕事帰りに海外旅行に行きたい、という利用者のニーズをつかんでいます。
シートピッチが狭いのが難点ですが、オプションプランの充実をはかり追加料金で三席分分を占有することができたりプレミアムクラスにアップグレードできたりと嬉しいサービスが沢山あります。
飛行機に乗るにあたっては当然であったブランケットのサービス等はなく、すべて有料となるのも安さの秘密ではありますが、航空券が安く済んだということと限定商品であるという魅力から記念に購入する人も多いようです。

選べるフライトスケジュール

忙しい利用者にとって費用の次に重要視するのは、乗れる便があるかということです。
香港エクスプレスは羽田から1日2便、成田から1日1便と計3便が就航していることもあり多様な旅行スケジュールを組むことができ人気です。
また、ピンクの機体が注目を集めたピーチですが、羽田から関空で乗り継いで香港に向かう旅程を選ぶ人も存在するほどお手軽で利用しやすいと評判です。

空港でのアクセス

歴史も浅く予算もない格安航空会社は空港のはじにチェックインカウンターがあったりと、利用者にとって何かと不便な点も生じます。
その為頻繁に利用する人は行先や時間帯によって、カウンターの位置も考慮して航空会社を選ぶ場合があります。
乗り継ぎや受託荷物の手続きなどであわてない為にも、大手航空会社とは勝手が違うということだけは頭に入れておきたいものです。

ツアーでの利用

格安航空会社を利用する人のほとんどが個人旅行を楽しんでいますが、中にはそれらを利用したツアーも存在します。
価格の安さと便数を誇るバニラエアは台北間を就航していますが、相部屋利用のホテルも組み込んだツアーなども販売しており学生などの価格重視の層に人気を集めています。
また、台北のみでなくソウル線も本数こそ少ないものの最安値を誇っており国内線感覚で利用できると人気を博しています。
バックパックが流行し、格安旅行を楽しんでいた時代も現在では身近なものに変わりつつあります。
いかに安くユニークな施策で航空券を販売できるか各航空会社も切磋琢磨をしています。
その為多くの人にとって身近で費用のかからないSNSなどの宣伝が効果的です。
大手航空会社などは電車などの中吊りや街中の看板への広告費用をかけてきましたが、そういった費用もカットして航空券費用に充てることが格安航空会社には求められているのです。
その為多くの情報の中でうもれてしまわないようフォロワー数を増やしたり、顧客の関心をひく魅力的な情報の細めなアップが必要であるといえます。
その他のお得な情報は格安航空券モールで見られます!
facebookなどではシェア機能があるため影響力の大きい人が情報を広めれば広めるほど芋づる式に閲覧数を増やすことができるものです。
顧客側もお気に入りの航空会社をみつけてポイントやマイルをためるもよし、話のネタにより多くの格安航空会社を試してみるもよし、旅行の多様化を楽しんでみるのも良いでしょう。
しかしながら、予算が少ないこともあり遅延などのケアがレガシーキャリアより劣ってしまうがデメリットでもあります。
クレーム時の対応も簡素化されており、今までのような手厚いケアを受けられず不満に思うケースもよく耳にします。
利用に対して不安がある人は、何かがあったとき費用を引き合いにだして納得ができる範囲でまずは試してみるのが良いかもしれません。
商談や大切な用がある場合には余裕を持った旅行計画をたてるなど、注意が必要です。

新着情報

◆2016/04/08
LCCを利用するにあたっての情報を更新しました。
◆2016/02/17
旅行商品の多様化の情報を更新しました。
◆2016/02/17
上手に利用しようの情報を更新しました。
◆2016/02/17
個人旅行の注意点の情報を更新しました。
◆2016/02/17
安全性とひろがりの情報を更新しました。